70歳の古希のお祝いにしたいこと

パウロの思想

聖パウロの生没年は正確には分かっていません。
イエス没後、エルサレムでパリサイ派の一員として、神殿批判をしていたキリスト教徒を迫害してしまいました。
ダマスコのキリスト教徒を迫害するために向かう途中、聖パウロの目の前にキリストが現れ、キリスト教徒に回心したといわれています。
聖パウロはイエスをイスラエルによって待ち望まれたメシアであると確信し、ユダヤ人、非ユダヤ人でこのことに関心がある人々に広める任務を自覚したとされます。
イエスの福音を伝える任務をイエスから与えられたと確信したのです。
しかしユダヤ教をその時に捨てたわけではなかったとされています。
聖パウロはその後エルサレムでペテロ、ヤコブに会ったとされます。
異教徒に対する布教活動を行い、多くの改宗者を獲得しました。
しかしその後事件に巻き込まれ、2年間イサリアでで獄中生活を余儀なくされます。
ローマ市民の権利を行使して、ローマの皇帝に上告し、その後はローマに護送され、軟禁生活を送りました。

 

その後の動向はよく分かっていません。

70歳の古希のお祝いにしたいこと

日本は長寿社会でもあって、多くの人が平均寿命に近い80歳くらいまでは生きるといったデータがあるくらいです。
長生きをすることができる理由としては、食事などから摂取する栄養状態がよいことや今までには治らないといわれていた病気であっても治るようになっていることなどが影響しているといえましょう。
また、それを祝うお祝いもしたりするので、年齢において節目があるといえましょう。

 

定年退職をする60歳になるころには還暦の祝いをしたり、70歳になると古希のお祝いをしたり、77歳になると喜寿のお祝いをしたりします。
その後も長寿のお祝いをしていくことになるのです。
古希にはすでに仕事をしていない人も多いのですが、それでも健康で元気にいることができる人も多いので、
高齢者でありながらも充実した日々を送っている人が多いことでしょう。

 

古希の時には還暦などと同じように家族や親族などに祝ってもらうことになるでしょう。
その方法は多岐にわたります。プレゼントをもらったり、旅行を企画してもらったり、食事をしたり、
写真館で家族で写真を撮ったりするようなことをする場合が多いものです。

 

プレゼントとしては、古希を象徴するのが紫色なので、紫色のものを選んだりするものです。
紫色の洋服やファッション小物、バッグなどもいいでしょう。

 

また、温泉旅行に行ったりするプランを立てて、家族みんなで出かけたりするのも思い出に残りますし、余裕があれば海外に行くといった旅行もいいでしょう。
今までの感謝の気持ちや今後まだ元気に健康でいることができるようにするためにもこういった機会はとても重要なのです。
また、記念になるようにその人にだけの特別なオリジナルの商品を作ってもらうというのもいいでしょう。
例えば、グラスや食器などに名前を入れてもらったりするのもいいですし、
日本酒や焼酎などでも名前入りにしてもらうというのも後に残る記念品になるものでもあるのです。

 

還暦のお祝いよう総合サイトはこちら